雨漏り以外にも、屋根を修理するために業者に依頼する場合があります。ここでは、屋根工事に関する工事や補修を種類別に分けてみます。まず、比較的大がかりな作業を必要とする屋根の修理(リフォーム)の工事です。大きく分けて2つの方法があり、その1つが葺き替え工事と呼ばれるものです。これは、これまでの屋根を解体して撤去し、新しい屋根に葺き替える大規模な工事です。

屋根材そのものが取り外されるので、その下にある防水紙・野地板といったなかなか手が入りにくい部分も同時にメンテナンスや補修を行うことができ、本格的な修理(リフォーム)を望まれる方におすすめの工事です。葺き替えというと、老朽化してどうしようもなくなった屋根に対して行うということをイメージする人が多いですが、最近では耐震のために現在葺いている屋根よりもっと耐震性の高い屋根に替えたい、またはよりデザイン性にすぐれた屋根にしたいという好みの観点から葺き替え工事を希望する人も増えてきています。例えば耐震性という点で重量がありすぎる瓦屋根から、より重量が軽い金属屋根へ変更し、地震の際に家が倒壊するのを防ぎたいと望まれる方はこの屋根の葺き替え工事が必要になってきます。もちろん、瓦屋根にこだわりがある方でも、最近では重量が軽い新素材の瓦も登場していますので、こういった方にも満足いく工事になるはずです。

しかし、屋根全体を撤去するこの工事にはどうしても処分費用がかかってしまいます。また、今ある屋根を解体する場合の騒音が発生するので、その点で気をつけなければなりません。また、屋根によっては土埃が発生する可能性もあるので、なおさら周辺の住民の方への配慮が必要となります。