また、見積もり書に細かく、かつ分かりやすい記載がされているかなどという部分だけでなく、他にも見積もりから分かることがあります。

例えば使用する材料がきちんと書かれているかということです。どうせ書いたところで分からないだろうからと省略してしまう業者もいますが、こうした面倒くさいことでもその説明に労力を惜しまないことが、客を安心させることにつながることが分かっている業者は使用する材料も、中にはその品番さえも記載してくれる場合があります。こういった業者は積極的に関わりを持つようにしていきたいところです。

また、工事を依頼する際に採寸した面積が、実際に合っているかどうかも確認しましょう。例えば屋根の葺き替えの場合、当然屋根の面積をもとに材料を発注し、人手を用意します。しかしこれが大きくずれている場合、見積もりと実際の金額がずれ、思わぬトラブルに発展することも考えられるのです。

また、値引き額が適性かどうかも、信頼のおける業者かどうかを判断する一つの材料となります。具体的には、値引き額や値引率が大きすぎる場合、少し信頼には欠ける業者かも知れません。もちろん、値引きをすることで工事を安く済ませたいと願う多くの人は喜びますが、しかし魅力がそれしかないのではないかということもいえるからです。値引きしてあっても想定の範囲で収まるような業者の方が、値引き以外に魅力があるともいえるかもしれません。また、見積書が契約書になっていないかどうかも確認しましょう。そこに判を押す欄などがあり、サインしたり捺印したりしてしまうと、そのまま契約となりかねませんので、よくチェックしておくことが大切です。