雨漏りを見つけたら、やはり早めに業者に工事を依頼することがよいでしょう。中には自分で応急処置ができると考え、実行に移す方もいますが、これは得策ではありません。理由はいくつも考えられますが、現代の住宅が複雑化しており、雨漏りの原因は屋根だけではないことが十分考えられること、素人が急に慣れないことをした場合、思わぬ怪我や事故につながることがあるからです。後者の場合、ご自身が雨に濡れて滑りやすくなった屋根から落ちてしまうという場合はもちろんですが、他の屋根材を踏みつけて壊してしまうことで、さらに雨漏りを悪化させる場合も多いからです。応急処置をした経験がない方が、雨漏りを止められることはほぼ不可能だと言ってよく、修理の費用を抑えようとご自身で応急処置を行っても、結果的に高くつくということが十分考えられるのです。

とはいえ、どの業者が信頼できるかどうかといったことは分からない場合がほとんどでしょう。雨漏りが起こっている中では冷静な判断力に欠けている場合が多く、慌てて工事を依頼した結果、その業者が悪徳で、雨漏りの原因をしっかり調査せず、雨漏り箇所を補修するだけで済ませてしまったり、原因をしっかり究明せずに何度も工事を行ってその度追加の費用を請求したりすることもあります。

そこで、最善の方法としては前もって業者選びをしておくことがよいでしょう。意識とすると、雨漏り修理の業者を選ぶというより、長い目で見て、自分の家の修理や補修を任せられるような業者を選ぶという方向で向くとよいかと思います。雨漏りになってからではやや遅く、雨漏りをしないようメンテナンスをしっかり行ってくれる業者と予め信頼関係を構築しておくことが大切なのです。