ポタポタとしずくが垂れてくるような雨漏りであれば、業者に工事を依頼するといった方は多いですが、一方で少しシミになっている程度では特に気に留めず、気に留めたとしても費用のことを考えると業者への連絡を控えてしまうというケースは多いようです。しかし、どのような場合であったとしても、雨漏りを放置してしまうと、非常にやっかいな問題を引き起こす可能性があります。

まず家自体に関係する問題です。非常に小さいシミがある程度の雨漏りであっても、雨漏りをしていることには変わりありませんので、いつポタポタと垂れてくるような雨漏りが起こってしまうのか、雨が降る度に心配をしなければなりません。また、雨漏りしている箇所が特定しづらい現代の住宅にあっては、雨漏りが分かる場所とは別の部分で雨漏りが起こっている可能性があり、そうすると漏電をしてしまう可能性も出てきてしまいます。さらに、どんなシミであっても雨漏りは家の入ってはいけない部分に水が浸入していることに他なりませんので、家の柱や重要な部分を腐食させ、最悪の場合、地震などで家が倒壊してしまうほど、もろくなってしまっているという危険性もはらんでいるのです。

それだけではありません。住居に暮らす方の健康に関係する問題も懸念されるところです。雨漏りをしていると言うことは建物内部の湿度が高くなってしまっているので、天井にカビが生えることがあり、住環境が悪化します。するとアレルギー反応を起こし、ぜんそくのような症状が出てくることもあります。また、雨漏りで湿った木材がシロアリの餌になったり、湿った空気を好むダニが繁殖していったりすることも十分考えられ、これが暮らしている人の健康に影響を及ぼすのです。