雨漏りの原因と考えられるのはいくつもあり、一般的に考えられるのは屋根や壁といった部分の経年劣化や、台風や豪雪などの自然災害によるものです。

例えば雨漏りをした際に天井に染みがついている場合、屋根の瓦やスレートにヒビや損傷があったり、金属屋根の場合は屋根をつなぎ止めておく板金部分に何らかの問題があったりする可能性があります。また、横殴りの雨が降ってきた場合に雨漏りが起こる場合は、屋根ではなく壁のヒビ、または亀裂部分から雨が入り込んでしまっている可能性があります。もちろんこれはあくまでも一般論ですので、家ごとの状態によってそれぞれ原因は違ってきます。実際に施工業者に診断してもらわなければ分からないかもしれません。

さらに、屋根に降った雨は、雨どいを通じて排水されますが、この雨どいが詰まっていたり、壊れていたりすることで雨漏りが起こってしまうケースもあります。雨どいの掃除を行うことで改善される可能性もありますが、しかしはしごを使って行う作業には危険を伴いますので、多くの方が気軽にできるわけではありません。

しかし、経年劣化や自然災害だけが原因ではなくなっています。例えば、設計段階での構造上のミスも十分考えられますし、施工上のミスも可能性として十分あります。雨漏りを留めるためには建物の構造や建物に関するあらゆる知識が必要ですが、専門的で分業体制が進んでしまった現代において、それを知識として習得し、実際の現場で生かせる現場監督が不足しているというところにも原因がありそうです。何度雨漏りのための修理をしてもらっても、雨漏りが収まらないという場合、こうした施工業者の技術不足という点も十分考えられるのです。