近年、ゲリラ豪雨や集中豪雨がニュースを賑わせているように、本来は想定できなかった規模の雨が日本各地に降るようになってきています。それにつれ、当然雨漏りで悩まれる方も増えているところが現状です。とはいえ現在の建築業界では雨漏りに関する情報が多いとは言えず、以前の修理で直らなかった、または何度も修理されて合計金額がとんでもないことになってしまったというケースも多いようです。屋根の破損だけでなく、建物自体の劣化や新築時に施工をした業者の技術の不足など様々な原因があり、これがその工事を難しくしていることも考えられます。デザインが優れていても、そのデザイナーが雨漏りを計算しているかどうかは分かりませんので、こういった初歩の段階から雨漏りの対策が採られていない場合もあるのです。家を設計したデザイナー、新築した施工業者、雨漏りを修理する修理業者それぞれが、雨漏りに対する知識をしっかりもっていて初めて雨漏りが完全に直るともいえ、現在の複雑化した家の建築工程の中では難しくなってきているといえるでしょう。

雨漏りの原因は大きく、雨水が入り込んでくる場合と、結露が入り込んでくる場合の2つに分かれ、当然対応もそれぞれに異なります。前者の場合、屋根を工事して修理したり、瓦などを葺き替えたりすることによって対処しますが、後者の場合は水蒸気を通すけれど水を洩らさない特殊な防水シートや、遮熱材を用いることで解決できることが多いようです。雨漏りの修理にかかる費用は、このように原因が一様でないため、数万から数十万という開きがあります。そのような中でも、その施工業者に信頼がおけるかどうかをしっかり見極めることが重要になってくるでしょう。