屋根の断熱の基本方法を知り、新築時やリフォーム時の屋根の断熱工事の参考にしましょう。

屋根の断熱の基本方法は「天井断熱」と「屋根断熱」の大きくわけて2つです。

一般的な住宅屋根の断熱方法は天井断熱を指し、天井が水平になっている住宅はほぼこの方法が採用されています。

天井断熱とは、天井の直上に断熱材を敷き、天井裏の熱を室内に伝わらないようにするものです。グラスウールとロックウールが一般的な断熱材として使われ、施工方法は断熱材を敷き詰めるだけ。施工に手間が掛からず、施工面積も最小限でできることから一番安価に断熱ができます。

屋根断熱は天井が屋根の形をした住宅に採用される方法です。一般的な断熱材は天井断熱と同じグラスウールやロックウールに加えて発砲プラスチックなどが使用されています。施工方法は、施工面積が広く傾斜があり、施工面に凹凸もあることから、天井断熱に比べて困難です。断熱費用や施工費用も高めで施工中の足場も不安定なため、熟練の職人さんによる施工が望ましいでしょう。

また断熱効果をより高める方法は、屋根と天井との間にできる空間「小屋裏の換気」にあります。小屋裏の通気・換気を良くするには、小屋裏の上下に換気扇をつけるだけなのでそれほど費用はかかりません。上昇した暖かい空気が小屋裏上部の換気口から排出され、冷たい空気が小屋裏下部の換気口から自然に吸気されることで小屋裏内部が換気されます。小屋裏内部が高温にならないため部屋も高温にはなりません。この換気をプラスして通常の断熱材を天井裏に敷き詰める天井断熱を行なえば十分に断熱効果が見込めます。見積りの際には「小屋裏換気」を考慮に入れることをおすすめします。