カラーベストと同じように、最近ではよく使用されているのが「ガルバリウム鋼板」。このガルバリウムは、安さや丈夫さが評判となっており、業者の方からもオススメされることが多くあるようです。鉄とアルミを混ぜて作った板であり、腐食を防ぐために表面にメッキがされているようです。材質の名称というよりも、正確には商品名であるようですね。耐久性に優れており、デザイン性にも長け、様々なカラーのものが出ているため、例えば見た目は瓦のようなデザインにすることも出来ると言われています。このあたりも、人気になる理由ですね。

瓦のような見た目にすることができる上に、瓦屋根よりも軽く、地震などの被害も少ないようです。築30年が経ってもメンテナンスや屋根修理をしなくて済む場合もあるそうです(海の近くや工業地帯だと、寿命が短くなるとも言われています)。低コストな上に良いことが多い、万人向けの材質だと言えます。

とはいえ、完全に万能な素材というわけではなく、短所も当然あります。

金属製の屋根であるため、防音性や温度調節などは瓦屋根よりも劣ると言われています。このデメリットを補うためのやり方もあり、例えば屋根に防水や防音のための層を足す工法もあるようですが、そのためにはコストがかかるため、葺き替えなどの大掛かりな工事は少々高くつくかもしれません。

薄くて扱いやすい素材である一方で、薄ければ耐久性に問題もありますので、業者と相談して、どのくらいの薄さのガルバリウムを使うのか決めるのも重要となります。

また、瓦などと比べて新しい素材であるため、熟練した職人が少ない、という問題もあるようです。業者によっては、実績や技術が足りてなくてもガルバリウムをオススメしてくるところもあるようなので、できるだけ確認するようにしましょう。