屋根の断熱の基本方法を知り、新築時やリフォーム時の屋根の断熱工事の参考にしましょう。

屋根の断熱の基本方法は「天井断熱」と「屋根断熱」の大きくわけて2つです。

一般的な住宅屋根の断熱方法は天井断熱を指し、天井が水平になっている住宅はほぼこの方法が採用されています。

天井断熱とは、天井の直上に断熱材を敷き、天井裏の熱を室内に伝わらないようにするものです。グラスウールとロックウールが一般的な断熱材として使われ、施工方法は断熱材を敷き詰めるだけ。施工に手間が掛からず、施工面積も最小限でできることから一番安価に断熱ができます。

屋根断熱は天井が屋根の形をした住宅に採用される方法です。一般的な断熱材は天井断熱と同じグラスウールやロックウールに加えて発砲プラスチックなどが使用されています。施工方法は、施工面積が広く傾斜があり、施工面に凹凸もあることから、天井断熱に比べて困難です。断熱費用や施工費用も高めで施工中の足場も不安定なため、熟練の職人さんによる施工が望ましいでしょう。

また断熱効果をより高める方法は、屋根と天井との間にできる空間「小屋裏の換気」にあります。小屋裏の通気・換気を良くするには、小屋裏の上下に換気扇をつけるだけなのでそれほど費用はかかりません。上昇した暖かい空気が小屋裏上部の換気口から排出され、冷たい空気が小屋裏下部の換気口から自然に吸気されることで小屋裏内部が換気されます。小屋裏内部が高温にならないため部屋も高温にはなりません。この換気をプラスして通常の断熱材を天井裏に敷き詰める天井断熱を行なえば十分に断熱効果が見込めます。見積りの際には「小屋裏換気」を考慮に入れることをおすすめします。

カラーベストと同じように、最近ではよく使用されているのが「ガルバリウム鋼板」。このガルバリウムは、安さや丈夫さが評判となっており、業者の方からもオススメされることが多くあるようです。鉄とアルミを混ぜて作った板であり、腐食を防ぐために表面にメッキがされているようです。材質の名称というよりも、正確には商品名であるようですね。耐久性に優れており、デザイン性にも長け、様々なカラーのものが出ているため、例えば見た目は瓦のようなデザインにすることも出来ると言われています。このあたりも、人気になる理由ですね。

瓦のような見た目にすることができる上に、瓦屋根よりも軽く、地震などの被害も少ないようです。築30年が経ってもメンテナンスや屋根修理をしなくて済む場合もあるそうです(海の近くや工業地帯だと、寿命が短くなるとも言われています)。低コストな上に良いことが多い、万人向けの材質だと言えます。

とはいえ、完全に万能な素材というわけではなく、短所も当然あります。

金属製の屋根であるため、防音性や温度調節などは瓦屋根よりも劣ると言われています。このデメリットを補うためのやり方もあり、例えば屋根に防水や防音のための層を足す工法もあるようですが、そのためにはコストがかかるため、葺き替えなどの大掛かりな工事は少々高くつくかもしれません。

薄くて扱いやすい素材である一方で、薄ければ耐久性に問題もありますので、業者と相談して、どのくらいの薄さのガルバリウムを使うのか決めるのも重要となります。

また、瓦などと比べて新しい素材であるため、熟練した職人が少ない、という問題もあるようです。業者によっては、実績や技術が足りてなくてもガルバリウムをオススメしてくるところもあるようなので、できるだけ確認するようにしましょう。

アンテナは電波を送信または受信する装置ですが、昆虫の触角という解釈もあります。

昆虫の受信アンテナ(触角)は、頭部にある細長い感覚器ですが、直接触れる事で食物を探します。

ただし、2本の触覚でもあるので、スペースに漂う臭いを吸い込む夕イポール・アンテナのようです。

一方、電波を吸い込む受信アンテナの形状は、細い金属棒が対になっているので、微弱な電波を捕らえるための触角ともいえます。

材質は細いパイプや導線など、電流が流れやすい良導体で作られます。

屋根の素材としてよく知られているカラーベストですが、古いものですと築8~10年ほどで材質に変化が生じ、塗装が劣化したり色褪せたり始めると言われていましたが、近年では色褪せなどの変化が少なくなってきていると言われています。約30年ほどの耐久性が見込めるような質の高いものを発表しているメーカーなどもあるようで、自宅の屋根に良い材質を使いたい場合は、業者や住宅メーカーなどに詳しく製品を訊いてみるのも良いでしょう。

自宅の屋根にカラーベストを使用している場合、劣化対策としては大きく二つのやり方があるそうです。

一つは「塗装」。この場合、基本的な塗装が終わった後に、カラーベストの継ぎ目の部分に塗料が詰まったときの処理などを怠ると、雨漏りの原因になったりもします。手を抜かない、しっかりとした業者を選ぶことが重要であるようですね。

もう一つは「葺き替え」。もちろん、この場合は塗装よりも大掛かりになるため、塗装だけを依頼した方が安く済ませられると考える方も多いと思われます。しかし、実はそうではない場合もあるのです。

例えば、「Sさんは築15年時に約50万円かけて屋根を塗装し、築30年時に約100万円かけて葺き替えをしました。Fさんは築15年時に約100万円かけて葺き替えをした後、その後まったく工事をする必要がなくなりました。」

こうして考えた場合、早めに葺き替えを行ったFさんの方が金額的には得をしています。安上がりな方を選ぶのではなく、いっそのこと早めに葺き替えてしまった方が逆に負担が減る、というパターンもあるわけですね。その家で何十年もずっと住んでいく、という考えなのか、それとも将来的には引っ越しをしたいと考えているのか、個人のライフプランによっても、どちらを選ぶ方が良いのかは変わってきます。